【Django】本番環境にデプロイしたときのメモ

セッティングファイルでDEBUG =Falseにすると 500が出てしまうときに確認すること

ロギングレベルを最大にして何が起きているか把握する

import os

LOGGING = {
    'version': 1,
    'disable_existing_loggers': False,
    'handlers': {
        'console': {
            'class': 'logging.StreamHandler',
        },
    },
    'root': {
        'handlers': ['console'],
        'level': 'WARNING',
    },
    'loggers': {
        'django': {
            'handlers': ['console'],
            'level': os.getenv('DJANGO_LOG_LEVEL', 'INFO'),
            'propagate': False,
        },
    },
}

ログファイルに出力して確認するには

LOGGING = {
    'version': 1,
    'disable_existing_loggers': False,
    'handlers': {
        'file': {
            'level': 'DEBUG',
            'class': 'logging.FileHandler',
            'filename': '/path/to/django/debug.log',
        },
    },
    'loggers': {
        'django': {
            'handlers': ['file'],
            'level': 'DEBUG',
            'propagate': True,
        },
    },
}

https://docs.djangoproject.com/ja/3.2/topics/logging/

Next-k
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)