【GAS】デプロイ(ウェブアプリ)の使い方(メモ)

GASの「デプロイ」の活用方法をメモします。下記はWEB API作成の記事です

デプロイをテスト

テストURLが発行されます。「***/dev」となっているのが特徴です。

スクリプトを更新してプロジェクトの保存を行うと即座に反映されます。開発中に活用します。

新しいデプロイ

新しいデプロイを作成します。公開用のURLを発行します。一度デプロイするとスクリプトの更新だけでは公開されているWEB APIは更新されません

公開されているWEB APIを更新するには次の方法で更新します。

デプロイを管理

デプロイを管理 → 公開されているAPIを選択 → 編集ボタン → バージョン → 新バージョン →「デプロイ」とする必要があります。

あたらしいデプロイを作成するとAPIは更新されますが、ウェブアプリURLを変更しなければならなくなります。

Next-k
GASJavascript

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)