【GAS】スプレッドシートのデータを取得する簡単なWeb APIを作成する

JavaScriptでスプレッドシートのデータを取得できるようにします。JavaScript側でシートの選択と範囲の指定をできるようにしました。

GASでWeb APIを公開する

スクリプト作成

スプレッドシートを開きスクリプトを作成します。

function doGet(e) {

  let responseText;
  let out = ContentService.createTextOutput();

  const sheetName = e.parameter.sheet  //シート名
  const range = e.parameter.range     //範囲

  if(!sheetName) return ; 
  const sh = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName(sheetName)

  let data

  if(!range){
   //範囲指定がなければすべてのデータを取得する
    data = sh.getRange(1,1,sh.getLastRow(),sh.getLastColumn()).getValues()
  //1列目にデータが無いデータは除外
    data = data.filter(elm => elm[0] != "" )
  }else if(range.match(/:/)){
    data = sh.getRange(range).getValues()
  }else
    data = sh.getRange(range).getValue()

  let value;

  value = data
  
  let result = {data: value}

  let callback = e.parameter.callback;

  if (callback) {
      console.log(callback)
      responseText = callback + "(" + JSON.stringify(result) + ")";
      //Mime Typeをapplication/javascriptに設定
      out.setMimeType(ContentService.MimeType.JAVASCRIPT);

  } else {
      responseText = JSON.stringify(result);
      //Mime Typeをapplication/jsonに設定
      out.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
  }

  out.setContent(responseText);

  return out;
}

シート名と範囲を指定しデータを取得できるようにしています。

デプロイ

右上のデプロイボタンを押し新しいデプロイを選択します。

ウェブアプリを選択します。

次のユーザーとして実行 は「自分」、アクセスできるユーザーは公開したい範囲を選択します。

「承認が必要です」と出るので承認します。

デプロイ、デプロイの管理で「ウェブアプリのURL」が確認できるのでメモしておきます。

これでWeb APIは完成です。

デプロイの詳しい方法はこちらから

HTMLとJavaScriptの準備

JavaScriptで動作試験をしたいのでHTMLも作成しておきます。なにもない白紙のページでJavaScriptだけ読み込んでいます。jQueryを使うのでCDNで読み込んでいます。

名前は「index.html」としておきます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Web APIテスト</title>
</head>
<body>

    <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.6.0/jquery.min.js"></script>
    <script src="js/main.js"></script>
</body>
</html>

つぎにJavascriptです。ウェブアプリのURLはさっきメモをしたURLにします。

// ウェブアプリのURL
const endpoint = "https://script.google.com/a/macros/cryptopie.co.jp/*********/exec";

function getSheetData(){
    $.ajax({
        type: 'GET',
        url: endpoint,
        dataType: 'jsonp',
        data: {
            sheet: 'シート1',     //シート名指定
            range: 'A1:E5'       //範囲指定 指定がない場合はすべて読み込む
        },
    })
    .done(function(out){
        //受け取ったデータをここで処理する
        console.log(out.data);

    })
    .fail(function() {
        //エラー時の処理を書く
        console.log('エラー');            
    })
    
}
//実行してみる
getSheetData()

名前は「main.js」として「js」というフォルダに入れておきます。

実行してみる

最初に作成したスプレッドシートにこんなデータを作成しました。

index.htmlをChromeで開いてみます。

真っ白い画面が表示されていると思いますので、右クリック→検証でデベロッパーツールを開き「Console」を選択するとデータが受信できていることが確認できます。

これで完成になります。セキュリティー対策をしていないので自己責任でお願いします。

Next-k
GASJavascript

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)