【GAS】TikTok広告の運用データを取得する方法

TikTok広告の運用データをGAS(Google Apps Script)で取得する方法です。公式ドキュメントにはPHPやPythonのコードはありましたが、GASでの使用方法についてはなかったのでまとめてみました。

前提としてTikTokデベロッパーアカウントの作成をして下さい。

この記事はこちらを参考にしました。
TikTok Marketing API公式ドキュメント
https://ads.tiktok.com/marketing_api/docs

TikTokデベロッパーでAPPIDを取得する

https://ads.tiktok.com/marketing_api/apps/

必要事項を入力して、APPIDを作成します。

広告主のauth_codeを取得する

auth_code10分間有効で、1回のみ使用できます。有効期限がauth_code切れたら、最初からやり直して、認証手順を再度実行する必要があります。

作成したアプリ名をクリックし「Advertiser authorization URL」をコピペしてアクセスします。

認証画面が出るので認証をすると、「広告主リダイレクトURL 」にリダイレクトされます。

リダイレクトされるとURLに「auth_code」が表示されているので、コピーしておきます。

長期アクセストークンを生成

長期アクセストークンの生成にはGASで取得します。コードは下記のとおりです。

function getAuthCode() {
  const SECRET = APP_SECRET
  const APP_ID = "*********"
  const AUTH_CODE = "**********"
  const PATH = "https://business-api.tiktok.com/open_api/v1.2/oauth2/access_token/";

  let params = {
    secret: SECRET,
    app_id: APP_ID,
    auth_code: AUTH_CODE,
  };

  let options = {
    'method': 'post',
    'contentType': 'application/json',
    'payload': JSON.stringify(params)
  };

  let response = UrlFetchApp.fetch(PATH, options).getContentText();
  console.log(response)

}

APP_SECRET : APP基本情報内にあるSECRET
APP_ID : 作成したAPPのID
AUTH_CODE : 先程入手したコード

上記を実行するとログ画面に下記のようなテキストでアクセストークンが発行されます。

{
  "message": "OK",
  "code": 0,
  "data": {
    "access_token": "xxxxxxxxxxxxx",
    "scope": [
      4
    ],
    "advertiser_ids": [
      1234,
      1234
    ]
  },
  "request_id": "2020042715295501023125104093250"
}

運用データを取得する

運用データを取得するコードは下記になります。

class TikTokADS{
  constructor(op){
    this.PATH           = "https://ads.tiktok.com/open_api/v1.2/reports/campaign/get/";
    this.ACCESS_TOKEN   = op['ACCESS_TOKEN']
    this.getStat        = op['getStat']
    this.advertiser_id  = op['advertiser_id']
  }

  getAdsData() {
    let option = {
      primary_status      : 'STATUS_ALL',
      start_date          : '2021-12-01',
      end_date            : '2021-12-31',
      advertiser_id       : this.advertiser_id,
      fields              : JSON.stringify(this.getStat),
      group_by            : JSON.stringify(['STAT_GROUP_BY_FIELD_STAT_TIME', 'STAT_GROUP_BY_FIELD_ID']),
      time_granularity    : 'STAT_TIME_GRANULARITY_DAILY',     //'STAT_TIME_GRANULARITY_HOURLY'
      page                : 1,
      page_size           : 100,
      
    }

    let params 
    for (let key in option) {
      params += key + "=" + option[key] + "&"
    }
    let url = encodeURI(this.PATH + "?" + params)

    const httpResponse = UrlFetchApp.fetch(url, {
      method: 'get',
      muteHttpExceptions: true,
      headers: {
        'Access-Token': this.ACCESS_TOKEN,
      },
    })
    .getContentText();

    let res = JSON.parse(httpResponse)
    let adsData = res["data"]["list"]
    let result = [['stat_datetime','campaign_id','campaign_name',...this.getStat]]

    for (let elm of adsData) {
      let temp = []
      temp.push(new Date(elm['stat_datetime']))
      temp.push(String(elm['campaign_id']))
      temp.push(elm['campaign_name'])
      for (let stat of this.getStat) {
        temp.push(elm[stat])
      }
      result.push(temp)
    }
    result = result.sort((a, b) => a[0] - b[0])
    return result
  }
}

function main(){
    let Tk = new TikTokADS({
    ACCESS_TOKEN  :"*******************************",,
    getStat       :['campaign_name', 'stat_cost', 'show_cnt', 'click_cnt', 'convert_cnt', 'time_attr_view'],    //取得したいデータを設定する
    advertiser_id :"*************************",
  })
  let result = Tk.getAdsData()

  const setSheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName('出力したいシート名')
  setSheet.getRange(1, 1, result.length, result[0].length).setValues(result)

}

上記を実行するとシートにデータが出力されます。

その他広告についてはこちらを参考にしてください。

Google広告

Yahoo広告

Next-k
GAS広告運用

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)